若くいるためのエイジングケア

エイジングケアで老化を防ぐ

年齢を重ねると避けることができないのが老化です。
老化は日頃の食事内容を意識することで老化を遅らせることも可能になります。
エイジングケアを意識した食生活は、栄養バランスの良い食事、抗酸化物質が含まれる食品を積極的に摂る、良質なオイルや旬の食材を食べる、加工食品は避けるなどがあります。
栄誉バランスの良い食事には、タンパク質、脂質、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを偏ることなく摂取します。
また抗酸化作用のあるビタミンA,C,Eは積極的に摂ることも大切です。
加工した食品は、多くの添加物や老化の原因にもなる活性酸素を発生させる要因になります。
お菓子などは食品添加物が多いので、エイジングケアを考えるなら避けることが良い選択です。
エイジングケアは化粧品で紫外線対策などをすることだけではなく、食事もエイジングケアに重要なので、老化を感じる前の早い段階から栄養バランスのとれた食生活を心がけて、少しでも老化の進行を遅らせることを試みることが大切なことです。

エイジングケアってどんなもののこと?

エイジングケアとは、その人の年に応じた化粧品でのケアのことを言います。
同じような言葉でアンチエイジングというものがありますが、アンチエイジングは加齢に対抗するという意味合いが強く、また一般の化粧品には薬事法により使用が禁止されている言葉です(アンチエイジングという表記ができるのは、医薬部外品になります)エイジングケアは、老化のお手入れという意味合いが強く、和製英語になります。
老化には、紫外線による肌へのダメージの蓄積が大きく影響してきます。
シミやしわ、たるみの原因となる紫外線を防ぐ化粧品を使うことが10年後の肌を変えてきます。
そして乾燥への対策も必要となります年齢とともにコラーゲンなどの肌の水分やハリを保つ成分は減って行きます。
保湿成分の入った化粧品を使うようにしましょう。
人間の身体は食べ物が作り上げているといっても良いほど、食べ物による影響は大きなものです。
抗酸化作用のあるビタミンCや肌を強くするβカロチンが豊富な食べ物を摂取するようにしましょう。
エイジングケアを始める年齢に決まりはありません。
早ければ早いほどいいと言われています。
いつまでも美しい肌を保つために、今日からエイジングケアを始めましょう。

Copyright 2015 エイジングケアの必要性 All Rights Reserved.